FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

アホを晒しつつ「32」(シャイニングスター)レビューその6

 全く唐突な話で恐縮だが、私は5ch(旧2ch)のアイドルDVDスレに十数年前から常駐して書き込みをしている。まあ存じている方もいるかもしれんが。ここの読者の皆さんには関係ないことなので申し訳ないことこの上ないが、バカな書き込みが5chのスレにあったのでここに晒しておきたい。

 ちなみに該当のスレはこちら。

f:id:masa10ishi96sham69:20181218024947p:plain

(3chアイドルDVDスレから)

(5chアイドルDVDスレから)

 「一人で会話してない?」は書いた人間の妄想なので気にしなくていいですwてか、そんなことを書くヤツに限ってそういう「1人2役」をよくやっているんだろうなと。

 

 さて、皆さんにはお目汚し失礼しましたので、平塚さんの「32」レビューを続けたいと思います。こないだは手錠をはめた相手にムチを振るい、厚底ブーツで踏みつける平塚さんの姿をキャプしました。そして平塚さんが「我慢できないようにしてあげる…」と意味ありげな言葉をつぶやいた後の行動をこれから見ていきます。

f:id:masa10ishi96sham69:20181218025527p:plain

(「32」第4チャプターから)

 まずはこの第4チャプターにて、それまでなかった引きの構図です。殺風景なフローリングの部屋。ボンデージ姿の平塚さんに目を向けると、ブーツがすっげえ厚底ですねwかかとがさらに高いので、歩きにくいだろうな…というのは別にいいとして、すげえ足が長く見えます。

 意外と低い部屋の天井、窓から差し込む光、そしてすっくと立っている平塚さん。さまざまな要素があいまって、非常に神秘的なショットに見えます。

f:id:masa10ishi96sham69:20181218030522p:plain

(「32」第4チャプターから)

 ここで平塚さんは憂い顔をしながら頭の後ろに手を回します。必然的に両脇を無防備に晒したショットになります。

 個人的には、脇チョットよりもバストの方に目が行きますね。というか、やはり衣装の胸の部分が目に見えるというw上部の紐部分がちょうど眉毛っぽくもありますね。

f:id:masa10ishi96sham69:20181218031104p:plain

(「32」第4チャプターから)

 そしてカメラは、改まったかのようにバストへズーム。カメラが近づいて初めて確認できたのですが、右胸の上部をごらんください。赤い点々が2つあるのが分かると思います。

 それは平塚さん本人いわく「血豆」だそうで。特徴的な衣装ながら、うまいこと隠れずに露出したものだと妙に感心しますw

f:id:masa10ishi96sham69:20181218031711p:plain

(「32」第4チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20181218031802p:plain

(同上)

 さて、もともと「我慢できないようにしてあげる…」と意味深につぶやいた平塚さんですが、まず取り組んだのはオーソドックスに自分の胸を革の手袋でぎゅうぎゅうおすことでした。最初は両胸を両手でつかむように押していますが、前述のように胸の部分が顔に見えることから、どことなく「いないいないばあ」をしているように見えなくもありませんw

 そして平塚さんは両手を胸の上部に移行し、手首も活用しながら両胸を寄せていきます。このショットでは、個人的にはむしろ脇に注目してしまいましたね。右脇の開いた角度、陰影の付き具合のよさで5枚目の画像はキャプしたようなものです。

 ある脇フェチさんが運営するサイトで、平塚さんの脇をSランク評価していました(「蕩蜜」の赤下着のシーンで)。脇に関しては素人の私(というのももはやよく分からんがw)としては平塚さんの脇のどの辺がSランクなのかピンと来ませんが、少なくとも画像5枚目はいい脇ショットだと素人目にも理解できるし、ブログ読者の皆さんにも伝わるのではと思います。

 続きはまた今度にいたします。

「32」(シャイニングスター)レビューその5

 さすがに師走と言うだけあって、われらが平塚さんもちまちま仕事が入っているようです。具体的には新潟ローカルの「ムズムズトゥナイト」収録(2本撮り)以外は特に明らかになっていませんけど。ナレーションの仕事をやったとか、どうやらドラマの撮影に参加したらしいことはいろいろ情報収集して分かっては来ていますが。

 ひさびさに平塚さんの過去作品のレビューやりましょうかね。というわけで、取り上げるのは昨年リリースした「32」です。

 今回取り上げるのは第3チャプター。表ジャケットの写真にも採用され、私が「ゲバゲバボンデージ」と名付けた黒のボンデージ印象が印象的なチャプターです。

f:id:masa10ishi96sham69:20181213025902p:plain

平塚3201

(「32」第3チャプターから)

 冒頭から妖しいシーンですwソファに優雅に座るボンデージ衣装の平塚さん。その手前では「外してくれ」と哀願せんばかりにガチャガチャ両腕を動かす相手男性の姿があります。

f:id:masa10ishi96sham69:20181213030402p:plain

(「32」第3チャプターから)

 「なんだ…いじめてほしかったんだ」とひとりごちる平塚さん。手錠をはめておいてその言い草はねえだろwとツッコむのもつかの間、右手に握っていたムチを短いモーションで振るいます。上の画像を見ていると、スナップが利いている感じがしていいですねw

f:id:masa10ishi96sham69:20181213030913p:plain

(「32」第3チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20181213031003p:plain

(「32」第3チャプターから)

 ムチを振るうだけでは物足りないと言わんばかりに、平塚さんは「踏んであげよっか?」とおもむろに言いだします。そしてエナメルの靴をカメラに勢いよく押しつける平塚さん。

 アイドルDVDにおいてモデルがカメラに足を踏みつけるのは結構多い定番なのですが(どんな定番だ)、光沢を放つ黒のブーツがカメラの左半分を占拠する様は、なかなかに迫力があります。当然踏みつけられたカメラは必然的に画面がブレるわけですが、その中においてもアグレッシブに平塚さんの股間を接写しようという心意気を感じずにはいられませんwてか、股間が結構食い込んでいるのが接写で分かります。

f:id:masa10ishi96sham69:20181213031903p:plain

(「32」第3チャプターから)

 笑みを浮かべながらカメラ(相手男性)を踏みつけていた平塚さんですが、右足を離した後こう冷たく言い放ちます。「我慢できないようにしてあげる」

 なかなか想像させるセリフですね。手錠をかけられていた男性は、平塚さんのムチにも踏みつけにも満足が行っていなかったということでしょうか。だとしたら、ぜいたくなヤツだぜw

 とはいえ、画像5枚目の平塚さんは非常にセクシーですね。髪をかき上げる動作、冷たい視線、テカテカ光る唇のグロス、そしてバストとwこんなエロい仕草をしておいて「我慢できないようにしてあげる」とのたまうのですから、この後は「どうなっちゃうんだ~~!?」とM-1ファイナリストのトム・ブラウンのツッコミのようにならざるを得ませんw

 この後の様子については、また後日レビューしようと思います。つってもおめー、全然ブログ更新しねーじゃねーか!というお叱りもあるかと感じます。当の平塚さんも「有田哲平の夢なら醒めないで」でちょっと注目を浴びましたし、気持ちを入れ替えて精力的に更新しようと思います。←適当

平塚さんの”妹分”グラビアDVDデビュー!!

 もう師走ですが、この年の瀬にちょっとしたニュースがありました。

 竹書房の名物DVDシリーズ「Milkey Glamour」のリリースをもって、この12月にグラビアデビューするグラビアアイドルがいます。

 名前は平崎里奈(ひらさき・りな)さん。何か平塚奈菜さんと似ている名前の人ですが、実は2人は同じ事務所(ウォーク)の所属であります。

 それだけにとどまらず、このほど竹書房公式サイトで発表された平崎のDVD画像に端を発して、平崎と平塚さんで以下のようなやりとりが展開されました。

f:id:masa10ishi96sham69:20181206010105p:plain

hirasaki01

(平崎里奈さんのtwitterから)

f:id:masa10ishi96sham69:20181206010429p:plain

平塚奈菜さんのtwitterから)

f:id:masa10ishi96sham69:20181206010517p:plain

(平崎里奈さんのtwitterから)

 いかがでしょうか。まず平塚さんが平崎のDVDジャケット画像を評価すると、平崎は「テンション爆上げ」「歓喜です」と号泣の顔文字で喜びを表現しました。そんなに喜ぶものかね…と外野の私としては若干引きぎみになりましたけどw

 そして平塚さんはグラビアの先輩らしい穏やかな語り口で、平崎との初対面のときの思い出を語ります。そのリプをもらった平崎はまた感激の様子で、平塚さんのことを「偉大すぎて話すのどきどきです」と返信しました。

 

 いやあ、心が温まるやりとりでしたねwなんだかプロ野球のオールスターを思い出しましたよ。若手時代のイチローオリックス在籍時、初めてオールスターに出場した際には広島の前田智徳のところへ一目散に駆けて行って「ファンです」とあいさつしたエピソードを思い出した次第です。まあ平崎がイチローになれるかは今後の精進にかかっているとは思いますが。

 それにしても、平塚さんは2年くらい前にも名前は失念しましたがある若手グラドルにtwitterで「尊敬しています」と言われたことあったよなと。若手時代の西田麻衣ほしのあきを尊敬していると公言していたり、森下悠里釈由美子を目標にしていると言ったりというケースは私も聞いたことがありますが、こう言っちゃなんだけど大して売れていないw平塚さんが複数の若手にリスペクトされるってのもなかなかレアケースだなと。

 例えるなら、平塚さんはパ・リーグの名選手と言えましょうか。一般的な知名度はほとんどないけど、その実力に心酔して教えを乞う若手が後を絶たないみたいな。阪急ブレーブスの通算284勝の山田久志投手が、同じ下手投げの先輩足立光宏投手の技術を盗むみたいな。さっき前田とイチローの例を出したせいで分かりにくくなっているとは思いますけどw

 

 そろそろ締めますが、平塚さんを「偉大」とリスペクトする平崎の1stDVD「Milkey Glamour」はこのブログの読者の皆さんも期待してよいのではと思います。平塚さんのDVDを見てその技術を研究して、自身の撮影に臨んでいるかも知れませんしね。

 まあ平塚さんも、自身を慕う事務所の後輩のジャケットを褒めてハッパをかけるのもいいですが、まずはご自分のDVDの新作を出してくださいとw「reunion」のリリースからもう1年たってしまいましたよ。せっかく「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で磯山さやかから「乳首は死守するべき」とか「バイト(女性だけの何でも屋)の経験を生かしたグラビアを」と、まさに尊敬する先輩からアドバイスをもらったんですから。よろしくお願いしまーす!

BLOG de twitter 3

・平塚さん出演の「夢醒め」放送まであと6時間。

平塚さんと番組公式がtwitterで告知していますが、公式の呟きでは「第二の磯山さやか」平塚さんを抜かすというw

字数制限の関係でしょうか。

 

・平塚さんツイ 

https://twitter.com/hiratsukanana/status/1062175730191069185

番組公式ツイ 

https://twitter.com/yumesame2017/status/1062222088407179266

 

“古巣”に電撃凱旋!「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に平塚さん出演!!

 既にお耳に入った方も多いと思いますが、拙ブログ開始以来最大のニュース(?)が舞い込んできました。

 われらが平塚奈菜さん、13日深夜放送のトークバラエティー番組有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)に出演するとのことです。ちなみにその情報は、平塚さんがレギュラー出演した特撮「ヤツルギ」の公式twitterが初出しでした。

www.tbs.co.jp

(TBSの番組公式ホームページから)

 この話を最初に聞いたとき、うれしさよりも何か疑惑の方が先に来ましたねw私は「夢醒め」という番組を見たことがなく、動画サイトで過去の放送回を視聴してみました。すると、どうもこの番組はゲストのトークに沿った再現VTRをちょくちょく挿入する構成らしいと分かりました。

 するとつい人情として嫌な予感てのがわくものです。「トークゲストと期待させておいて、平塚さん再現Vの出演なんじゃね?」とね。何しろ平塚さん、直近のテレビ出演が8カ月前(ちなみに放送日は平塚さん33歳の誕生日前日の3月24日)の「鶴光のオールナイトニッポンTV」で、それ以来ずっとテレビ出演は音なしの構えでしたから。

 出演するという回のテーマは「第二の〇〇」と呼ばれた人たち…と聞いて不安が増してきました。「え? 平塚さん第二の〇〇なんてコピーついたことないやろ」と、いらぬ気をもんでしまうわけです。6日に放送された「夢醒め」はミュージカル俳優がテーマの回。井上芳雄新妻聖子といった名の通ったスターが出演しているのを動画サイトで見て、失礼ながら「こんな華やかな場に平塚さん本当に呼ばれるのかよ…やっぱり再現V出演なのでは…」と気が気でならなくなりました次第です。

 しかし昨日(10日)の時点で、「夢醒め」公式youtubeでの事前情報が追加され、平塚さんはトークゲストとして出演することが無事(?)確認されました。これで一安心しましたが「第二の〇〇」て誰? という疑問は残りました。

 そこへニュースサイト「ドガッチ」の記事が届き、疑問は氷解した次第です。

dogatch.jp

(「ドガッチ」11月11日付の記事から)

 この記事によると、どうやら平塚さんは「第二の磯山さやか」として呼ばれたもようです。思い出しました。そういえば平塚さん、拙ブログが開始する少し前の2015年8月に出演した「東京オーディション」(MXテレビ)という番組で「磯山さやかさんの妹分を決めるオーディションに参加したのがきっかけでデビューした」という趣旨の自己紹介をしていましたわ。たぶんその縁で2008年までホリプロに在籍したのでしょう。

 さて経歴を紐解きますれば、平塚さんはそのホリプロ在籍時代、今も続く土曜昼の顔というべき長寿番組「王様のブランチ」(TBS系)のブランチリポーターとして数年間活動していたのでした。平塚さんの約15年の芸能生活において、最もテレビに露出していた時期でありましょう。そういう意味では、放送時間帯の違いこそありますが、堂々と「古巣」のTBSに凱旋したと言えるかもしれません。

 また平塚さんはwikipediaによると2008年、当時テレビ東京系で放送していた「アリケン」に出演した経歴があります。同番組はくりぃむしちゅーの有田とネプチューン堀内健、そして当時は局アナで現在「夢醒め」の進行を務める大橋未歩アナウンサーが出演していました。今回の平塚さんの「夢醒め」出演は有田、大橋の両氏と10年ぶりの共演にもなるわけで、その辺の絡みにも注目したいと思います。

 そして改めて「ドガッチ」の記事に出てくる画像を確認してほしいのですが、平塚さんはひな壇の前列にいますwあの一世を風靡(ふうび)した水沢アリーの隣ですよ。品川祐なら思いっきりトークの横取りをできるポジションです。

 芸人でもない平塚さんが水沢アリー相手にそんなことができるか(やっても放送できるか)は全くの未知数ですが、M-1グランプリならラストイヤーとなる15年目の芸歴を十二分に生かしてほしい。何とぞこの千載一遇の大チャンスをものにし、遅咲きの大ブレイクを果たしてほしいと切に願う次第であります。

 

【訂正とおわび】

 上記の記事で「平塚さんのテレビ出演は8カ月ぶり」などと書きましたが、これは誤りです。平塚さんは今年4月から新潟ローカルの番組「ムズムズ!!トゥナイト」(毎週金曜日放送)でレギュラーを務めています。

www.muzumuzu-tonight.com

(「ムズムズ!!トゥナイト」番組公式サイトから)

 すっかりその事実が頭から抜け落ちていた私のミスです。訂正し、平塚さんおよび番組関係者の皆さん、読者の皆さんにおわびします。

(11月13日記)

雑誌『アサ芸Secret』11月11日号に平塚さんひょっこりはん!(もう古い)

 ごぶさたしております。

 単刀直入に申し上げますれば(時代劇?)、週刊アサヒ芸能増刊『アサ芸Secret』の最新号(11月11日号)の特集に、われらが平塚さんのことが載っております。

 川崎あやが表紙・巻頭グラビアを飾る前掲誌ですが、8ページも費やして「グラビア界の『峰不二子』なカラダBEST50」なる特集を組んでいます。ルパンⅢ世のみならず、世の男性を約半世紀にわたって翻弄(ほんろう)してきた峰不二子という2次元キャラクターに、何でも最先端のAI(人工知能)を駆使して「誰が一番シンクロ率が高いのか」算出したという。率直に言って「よく企画が通ったな」と感心する(呆れるともいう)特集だ。

 峰不二子の公式なパーソナルデータは身長167cm、3サイズが99.9-55.5-88.8という。たぶんこのデータは私が小学校の頃に見たことあるやつだ。まあざっと30年以上前の話である。作者のモンキー・パンチが考えた数値なのかは知らないが、おそらく当時は「こんなスタイルの日本人女性いねーよ」って感じで3サイズを設定したのではと私は考えている。アニメ第1シリーズ放映から50年近く、どれだけ日本のグラビアアイドルは峰不二子に近づくことができたのか、この企画から推し量ることができる…というのはいささか大げさだろうか。

 さて長い前置きはこのくらいにして。えーっと、このブログは「平塚奈菜1位の会」でしたね。結論から言えば、この「峰不二子なカラダ」ベスト50に平塚さんがランクインしております。

 その順位は16位。その前後、15位は「日本一エロすぎるグラドル」で最近のしてきている森咲智美、17位は女子大生グラドルでデビューした忍野さらがランクインしています。この森咲と忍野は先日の「タモリ倶楽部」の水着企画に出演しました。まあ偶然ですが、このランキングで平塚さんはテレビ的な知名度も獲得している2人の間にはさまれた順位ですから、まあ恵まれていると考えることにしましょう。

 当の平塚さんですが、記事内では直近のDVD「reunion」のパブ写真とともにこんなキャプションが付いています。

「グラビアのキャリアは10年以上になるが、股下の長さも含めて、圧倒的なスキルを誇る。バストとヒップが同一なのは実に美しい」

 グラビアのキャリアというと、平塚さんがデビューDVDを出したのが2010年の「№7」(竹書房)なので「10年以上」という記述が正確かどうかは議論の余地があります(※)。とはいえ「圧倒的なスキルを誇る」というくだりなんかは、アイス舐めやポージングの確かさに定評のある平塚さんの基本的な情報を最低限押さえている感じで好感が持てますね(なぜか上から目線)。ちなみに身長163cm、公称3サイズが90-60-90である平塚さんの峰不二子との「シンクロ率」とやらは94.6%とのことです。

 ここまで来ると1位にはどのグラドルが輝いたのか知りたくなった方も少なからずいると思いますので、紹介しましょう。栄えある「峰不二子なカラダ」第1位は…

 柴咲凛さんです!!

 …うーむ、知らん。私は初めてこの特集で聞いた名前です。何しろ『アサ芸Secret』誌のキャプションも「まったくノーマークの新顔」と書いているくらいですから。

 とはいえ今年1月に「reunion」をリリースして以来、DVD最新作情報の音さたがなく、この8月をもって長らくレギュラーだった「ヤツルギ」特撮ショーも卒業した平塚さんにとっては、ひさびさの朗報だったのではないでしょうか。

 平塚さんご本人は、このほど新たに始まる番組のナレーション撮りをしたとのこと。その番組の詳細(平塚さんはナレだけなのか顔だし出演するのか)が気になりますが、やはり平塚さんの主戦場はグラビアDVD。せっかく「峰不二子なカラダ」の栄えある(?)16位に輝いたのですから、私としてはぜひとも新作を待つ次第であります。

 

(※)wikipediaによると平塚さんの芸能デビュー年は2004年。グラビアDVDの初リリースは上述したように2010年ですが、雑誌グラビアの方は2007年時点で披露ずみという情報があります(雑誌名など詳細は不明)。(11月12日加筆)

私マサトヰシグロシャムロックの公式サイトをオープンしました

お世話になっております。
 先ほど、私の公式サイトがオープンしました。
 サイト名は「マサトヰシグロシャムロックノヲウチ」
 無料サイト作成ツール「Wix」で作りました。
 サイトのトップはこちらになります。

マサトヰシグロシャムロックノヲウチ

 つっても、まだごらんのようにトップページしか作っていません。
 そればかりか、これがどういう内容のサイトなのかぶっちゃけノープランです。
 そもそもなぜ私が「公式サイト」なるものを立ち上げたかというと、大まかに言って2点あります。

 ①twitterアカウント(@masa10ishi96と@gravureshamrock)がロックを食らい、ストレスが蓄積していたから。
 ②このほど10年間使い続けた自宅のPCを買い替え、何か新しいことをやりたかったから。

 まあこう書いてはみましたが「公式サイト作成の説明になってないやんけ」と言われればそれまでですね。
 ただ私も10年ほど前まで、閉鎖しましたが別の名義でテキストサイトを運営していました。
 HTMLがどうのCEOがどうのとかやってアップロードしてね。
 Jimdoとか今回世話になったWixとか、最近の作成ツールはかなりアップロードに要する労力が簡易化されたというので、若かりし頃(?)を思い出す感じでサイトに手を付けてみました。
 ともかくせっかく立ち上げた公式サイトが中村喜四郎状態にならないよう、試行錯誤を重ねつつ楽しくやっていきたいと思います。
 もちろん拙ブログの読者の皆さんにも楽しんでもらえる内容にしたいと考えていますので、ちょくちょく公式サイトをのぞいてみてください。
 今後ともよろしくお願いします。