FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

twitter新アイコン記念?w「蕩蜜」レビューその5

 新年度になって初の投稿でございます。

 だからというわけでもないのでしょうが、われらが平塚奈菜さんがこのほど、twitterのアイコンを変更しました。それはこちらです。

f:id:masa10ishi96sham69:20190415004200p:plain

平塚奈菜さんのtwitterから)

 もともとは、平塚さんはTBSで仕事があったようで、その楽屋で撮ったのが上記の画像のようです。ツイートではこの袋をかぶった画像とともにそれを脱いで素顔をさらした画像もアップしていますが、どういう心境かこの顔を隠した画像を改めてアイコンにしたというね。ある種の達観を見た気がするのは私だけでしょうか。

 

 さて、レビューの続きをします。前回書いた通算8本目のDVD「蕩蜜」(ラインコミュニケーションズ)の第10チャプターについて。恋人の要請?で洋服を脱ぎ捨て、黒V字下着の姿をさらした平塚さんは、マイナーな調子のBGMが流れる中でポーズを取っていきます。

f:id:masa10ishi96sham69:20190415004834p:plain

(「蕩蜜」第10チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20190415004909p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190415005014p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190415005043p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190415005109p:plain

(同上)

 画像1枚目。ローアングルから上半身をとらえてくるカメラに対し、平塚さんはご覧の怪訝(けげん)な表情です。美女の睨(にら)んだ顔っていいですねえ。

 秋元グループが雑誌グラビアを焼け野原にした頃なんてのは、彼の子飼いの連中が判で押したような笑顔ばかり並べ立てて不愉快だったことを思い出します。個人的には、1枚目の平塚さんのような表情をグラビア界ではもっと重宝してほしいですけどね。あ、この右腕で胸を隠しつつも谷間を寄せるポーズも評価したいと思いますw

 

 画像2枚目。今回唯一、下半身にカメラが寄ったところをキャプした画像です。両手を太ももの間に差し込む形で、股間を隠した感じのショット。隠そうとしても隠し切れないという味わいがありますね。

 実はこの両手が入ってこない状態の股間を接写したカットもあるんですが、それをキャプするのは見送りました。かなりきわどいからですw それでも尻のラインが丸分かりになるんですよね、2枚目の画像って。

 

 画像3枚目、4枚目。再びカメラは平塚さんの上半身を責めます。ここで平塚さんは、ロングヘアーをかき上げるていで両脇ショットを披露。4枚目では、画面から見切れる形で「フッ」と笑みを浮かべるように唇をゆがめているのが印象的です。

 

 そして画像5枚目。カメラの焦点が脇から胸へと移ったところで、百戦錬磨の平塚さんは「分かってるよ、しょーがねーなー」と言わんばかりに己の両肘を活用して、FカップともGカップとも評されるバストを寄せるさまを接写させます。トレードマークである右胸の血豆の強調も忘れずに、て感じで。

 

 ただこの辺は、まだまだ序の口でござんす。なんだかだ言って、平塚さんは今のところ体の正面しか撮らせていませんしね。てわけで次回のレビューをこうご期待です。

「蕩蜜」レビューその4(第10チャプターから)

 ごぶさたしております。

 早いもので、2019年が始まってきょう(3月21日)で80日ですわw 舞台「山猫」が終わって以降、新たな活動情報がなかなか来ない平塚さんですが(昨年から撮っていたドラマがありますが、まだ情報は解禁していないもよう)、プライベートでは少し大変だったみたいです。

 (平塚さんのtwitterから)

 内容は見ての通りです。しかし「骨盤をグーで殴られた」とか、暴力は許すことはできません。歩道を自転車で暴走するってのも大概ですが。平塚さんには非常に災難が続いてお見舞い申し上げます。

 

 さて久々にレビューをします。今回は通算8本目のDVD「蕩蜜」(ラインコミュニケーションズ)。今回で4回目ですが、前回いつレビューしたかってえと2017年3月26日。もう2年前になるというねw 冒頭にも書きましたが、まさに「月日は百代の過客にして…」ってやつですわ。松尾芭蕉

 

 取り上げるのは、作品後半の第10チャプター。昨年11月に平塚さんが出演した「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)で紹介されていた黒V字下着を披露しているチャプターです。

f:id:masa10ishi96sham69:20190321033059p:plain

(「蕩蜜」第10チャプターから)

f:id:masa10ishi96sham69:20190321033422p:plain

(同上)

 舞台は見晴らしのいい公園内。さわやかなシチュエーションですが、ワンピース姿の平塚さんはスカート部分を押さえてもじもじしています。目をつぶっているショットが個人的にチャーミングに思えたのでキャプしましたw

f:id:masa10ishi96sham69:20190321033559p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190321033648p:plain

(同上)

「ねえ…ほんとにここで見せるの…」
「いじめていいって言ったけど…」
「あそこに人いるし…」
「分かったよ…」

 平塚さんは周囲を気にしつつ、視聴者目線の恋人にそうささやきます。いわゆる野外露出プレーの一つで、グラビアDVDの演出としてはそこそこ定番です(どんな定番だw)。

 観念したかのように、ワンピースのボタンを外す平塚さん。画像3枚目。ゆっくり衣服を開くので、ノーブラっぽい胸の部分があらわになったときに「すわ、もしかして?」と驚いた御仁もいるのではないでしょうか。え、俺だけ?w

 しかし画像4枚目。「夢醒め」でCMまたぎまでして紹介された黒V字下着がお目見えとなります。それにしても、引きの映像で見てもすげえ露出度ですわ。

f:id:masa10ishi96sham69:20190321034737p:plain

(同上)

f:id:masa10ishi96sham69:20190321034806p:plain

(同上)

 画像5枚目。人がいると思われる方向を気にしつつ、平塚さんは衣服を開いて恋人に己の肢体を見せつけます。気持ち腰を突き出してみせているのがセクシーですね。

 実はここからカメラが股間接写を披露していますが、その場面のキャプは自粛しましたw 言い換えれば、それだけ見応えがあるショットです…っていかにも取り繕った物言いになって恐縮ですが。

 

「見つかったらニュースになっちゃうよ…」
「えっ…分かったよ…」

 

 「見つかったらニュースになる」と平塚さんは不安げにつぶやきますが、その辺はリアリティーとしてどうでしょうね。「SNSに拡散されちゃうよ」の方が現実味の出るセリフに思えますが。てそんな講釈垂れてもせんないですがw

 んで画像6枚目。相手の要望に戸惑いつつも「分かったよ…」としぶしぶ受け入れた平塚さんは、衣服を脱ぎ捨てます。こりゃSNSで拡散されますねw 作品は、この場面からBGMがかかってさらに黒V字下着の平塚さんをカメラで撮り続けます。

 

 今回のレビューはこの辺で締めます。続きはまた今度…てまあ「いつになるんやおおっ⁉」と思われる方もいらっしゃるかもですが、なるたけ早いうちに続編を書くつもりではあります。こうご期待。

9カ月ぶりにtwitterに復帰しました

 ユーザー名は @masatowisiguro になります。ぜひ検索をかけて確認してみてください。

 以前はこの「平塚奈菜1位の会」で記事をアップして、前のtwitter(@masa10ishi96)にリンクを張ると、平塚さんご本人がtwitterにRTしてくれることが多くあったんですよね。新たなtwitterアカウントも、平塚さんに認識してもらえるように頑張りたい所存であります。

デジタル写真集『アスリートの秘密』(サークルチェンジ)

 平塚さん本人は、ただ今出演中の舞台「山猫最終章」がこの17日に千秋楽を迎えるという大事な時期なんですが、私はここで新機軸を打ち出すというw

 別のブログでは既に書いていることですが、この間私は電子書籍を楽しみだしまして、子どもの頃に親しんだ『ドラえもん』『あさりちゃん』の単行本をネットで購入しております。

 そしてこのほど、グラドルのデジタル写真集の購入も始めました。その記念すべき(?)1冊目が、平塚さんのデジタル写真集『アスリートの秘密』です。2017年発売。

 内容はシンプルで、水泳部の先生に扮しているらしき平塚さんが赤の競泳水着姿を見せるというもの。シチュエーションは更衣室、体育倉庫、そしてなぜかバスタブwとバラバラですが、平塚さんのポージングはさすがのキレというべきものです。

f:id:masa10ishi96sham69:20190217021555p:plain

(『アスリートの秘密』35‐36ページ)

 中でも薦めておきたいのは、バスタブのシーンでの2枚のショットですね。露出そのものは少ない部類の競泳水着ですが、素材の張り付きっぷりを存分に生かすかのような平塚さんの開脚ショットが見ものです。右側のカットは見切れて写るピンと立ったつま先、左側のカットは水に濡れて光沢を放つ下腹部が目を引きます。でもなぜバスタブなんだろw 汗を流すという設定かな。

 

 しかしカット数は50枚弱、衣装も赤の競泳水着(+白のジャージ)だけ。この辺は紙の写真集と比較すると、残念ながら見劣りしますかねデジタル写真集は。

 なかなか若い人に言っても伝わりづらいでしょうが、昔は文庫サイズの写真集があったんですわ。デジタル写真集と同じくらいの値段(600円台)で100ページほどの分量があって、当然衣装もシチュエーションも大判の写真集のように多彩でしたね。カネのない学生時代は、河合奈保子石川秀美の文庫サイズの写真集を買ったものです。

 てわけで、電子書籍ユーザーになりたてホヤホヤの私が言うのもおこがましいとは思いますが、もっとボリュームのあるデジタル写真集、ひいては平塚さんの新作デジタル写真集リリースを強く望むものであります。

平塚さんのデジタル写真集が欲しくなって悩む俺

 ごぶさたしております。

 ここのところちょっと悩みごとがありましてね…ってタイトルに思い切り書いておりますがw

 昨年1月リリースした「reunion」(スパイスビジュアル)以来、平塚奈菜さんのグラビアコンテンツの新作は出ていない状態であります。首を長くして新作を待っている私ですが、ふとこの一両日で「そういや平塚さんのデジタル写真集ってあったな」と思い出し、その購入についていろいろ頭を悩ませています。

 もともと私は電子書籍にこれまで全然興味がなかった人間です。漫画なり小説なり新書なり、また若い頃はよく買いまくったアイドルの写真集なんてのは「紙の本でないと雰囲気出ねえからな」などと思っていたもんですから。

 ただ平塚さんのデジタル写真集が見たくなったのを機に「よくよく考えれば電子書籍っていいんじゃねえか」と急速に思い始めました。汚れないし折れないし、かさばらないしと。

 そんなわけで電子書籍を読む端末について情報収集していますが、結構一長一短ですね。電子書籍を読む専用のリーダー端末だと画像は白黒なので、カラーの平塚さんデジタル写真集は白黒になるのかなと。一方、多機能のタブレットだとお高いしね。

 しかし電子書籍を購入して読むにあたって、根本的な問題が発覚。全く知らなくて恥ずかしい限りなんですが、電子書籍を購入する際の支払い方法って、原則的にクレジットカード払いなんですね。俺、クレカ持ったことないのよ。ネットショッピングでDVD買うときはコンビニ決済だったもんで。

 てわけで、今後のことも考えて(※)、クレカを申請しようと思う。審査ではねられたらどうしようかと柄にもなく緊張しているけどw

 

(※)私は日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」の長年の読者で、同紙が昨年7月から電子版を発行しているのを気にしていたが、こちらも購読はクレカ決済のみ受け付けている状況。電子書籍と同じなんやね。赤旗電子版も、平塚さんのデジタル写真集も同時に楽しみたければクレカ作れよということか。

初夢というわけではないですが…

 思いっきり遅ればせましたが、明けましておめでとうございます。

 本年も拙ブログをよろしくお願いします。

 われらが平塚さんにニュースが。このほど、出演するドラマのクランクアップがされたようです。

 (平塚さんのtwitter14日付から)

 情報の解禁はまだ少し先ということでもやもやはありますが、私はきのう(15日)の朝、目覚める前に夢を見ました。

 それは、平塚さんがドラマの主演を務めているという夢です。

 まあその内容つっても、夢なものであまり覚えてはいないのですがw いわゆるドラマのエンドロールで平塚さんの名前がトップにクレジットされていたのは覚えています。

 まあまかり間違っても、平塚さんがこのほど出演したドラマで主演をしているなんてことは絶対ありえないでしょうがw 「平塚奈菜1位の会」呼びかけ人としては、なかなか幸先の良い夢を見ることができたように思います。

 それにしても、平塚さんを知って9年ほどになりますけど、彼女が夢に出てくるなんてのは初めてだなあ。