FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

雑誌『アサ芸Secret』11月11日号に平塚さんひょっこりはん!(もう古い)

 ごぶさたしております。

 単刀直入に申し上げますれば(時代劇?)、週刊アサヒ芸能増刊『アサ芸Secret』の最新号(11月11日号)の特集に、われらが平塚さんのことが載っております。

 川崎あやが表紙・巻頭グラビアを飾る前掲誌ですが、8ページも費やして「グラビア界の『峰不二子』なカラダBEST50」なる特集を組んでいます。ルパンⅢ世のみならず、世の男性を約半世紀にわたって翻弄(ほんろう)してきた峰不二子という2次元キャラクターに、何でも最先端のAI(人工知能)を駆使して「誰が一番シンクロ率が高いのか」算出したという。率直に言って「よく企画が通ったな」と感心する(呆れるともいう)特集だ。

 峰不二子の公式なパーソナルデータは身長167cm、3サイズが99.9-55.5-88.8という。たぶんこのデータは私が小学校の頃に見たことあるやつだ。まあざっと30年以上前の話である。作者のモンキー・パンチが考えた数値なのかは知らないが、おそらく当時は「こんなスタイルの日本人女性いねーよ」って感じで3サイズを設定したのではと私は考えている。アニメ第1シリーズ放映から50年近く、どれだけ日本のグラビアアイドルは峰不二子に近づくことができたのか、この企画から推し量ることができる…というのはいささか大げさだろうか。

 さて長い前置きはこのくらいにして。えーっと、このブログは「平塚奈菜1位の会」でしたね。結論から言えば、この「峰不二子なカラダ」ベスト50に平塚さんがランクインしております。

 その順位は16位。その前後、15位は「日本一エロすぎるグラドル」で最近のしてきている森咲智美、17位は女子大生グラドルでデビューした忍野さらがランクインしています。この森咲と忍野は先日の「タモリ倶楽部」の水着企画に出演しました。まあ偶然ですが、このランキングで平塚さんはテレビ的な知名度も獲得している2人の間にはさまれた順位ですから、まあ恵まれていると考えることにしましょう。

 当の平塚さんですが、記事内では直近のDVD「reunion」のパブ写真とともにこんなキャプションが付いています。

「グラビアのキャリアは10年以上になるが、股下の長さも含めて、圧倒的なスキルを誇る。バストとヒップが同一なのは実に美しい」

 グラビアのキャリアというと、平塚さんがデビューDVDを出したのが2010年の「№7」(竹書房)なので「10年以上」という記述が正確かどうかは議論の余地があります(※)。とはいえ「圧倒的なスキルを誇る」というくだりなんかは、アイス舐めやポージングの確かさに定評のある平塚さんの基本的な情報を最低限押さえている感じで好感が持てますね(なぜか上から目線)。ちなみに身長163cm、公称3サイズが90-60-90である平塚さんの峰不二子との「シンクロ率」とやらは94.6%とのことです。

 ここまで来ると1位にはどのグラドルが輝いたのか知りたくなった方も少なからずいると思いますので、紹介しましょう。栄えある「峰不二子なカラダ」第1位は…

 柴咲凛さんです!!

 …うーむ、知らん。私は初めてこの特集で聞いた名前です。何しろ『アサ芸Secret』誌のキャプションも「まったくノーマークの新顔」と書いているくらいですから。

 とはいえ今年1月に「reunion」をリリースして以来、DVD最新作情報の音さたがなく、この8月をもって長らくレギュラーだった「ヤツルギ」特撮ショーも卒業した平塚さんにとっては、ひさびさの朗報だったのではないでしょうか。

 平塚さんご本人は、このほど新たに始まる番組のナレーション撮りをしたとのこと。その番組の詳細(平塚さんはナレだけなのか顔だし出演するのか)が気になりますが、やはり平塚さんの主戦場はグラビアDVD。せっかく「峰不二子なカラダ」の栄えある(?)16位に輝いたのですから、私としてはぜひとも新作を待つ次第であります。

 

(※)wikipediaによると平塚さんの芸能デビュー年は2004年。グラビアDVDの初リリースは上述したように2010年ですが、雑誌グラビアの方は2007年時点で披露ずみという情報があります(雑誌名など詳細は不明)。(11月12日加筆)