FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

最新DVD「reunion」パケ写公開&「32」(シャイニングスター中北直監督)レビューその4!

 いやー、ごぶさたしまくっております。まことにすいません。約3カ月ぶりのブログ更新になります。

 あまり私の釈明も聞きたくないでしょうし、サクッと本題に入ります。はい、平塚さんは記念すべき10本目のDVDを来年1月26日にリリースします。タイトルは「reunion」。タイトルは再会、または同窓会という意味合いもあるそうで、DVDのストーリーもそういう要素が含まれているのかなと期待しています。

 気になるDVDパッケージの写真も公開されました。

 画像はこちら。

http://www.spicevisual.com/media/files/jacket/MMR-AZ075/MMR-AZ075.jpg

(「reunion」パッケージ画像)

 いやあ、表パケに思わぬインパクトを感じますね。明朝体でデカく「平塚奈菜」の文字がラベリングされ、平塚本人のM字開脚が大写しされているという。太ももの付け根に添えられた両手がエロスを足しています。

 サンプル映像が待ち遠しいところですが、これは2018年に入ってからの公開でしょうか。続報を待ちたいと思います。

 

 さてこの間おもくそブログ更新をさぼっていた償いと言うとなんですが、直近の平塚さんのDVD「32」のレビューの続編を少しやります。第2チャプター、「その1」で紹介した短時間で終了した第1チャプターの続きであります。

f:id:masa10ishi96sham69:20171227002414j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227002828j:plain

(「32」第2チャプターから)

 朝のベッド、夫の目覚めに気づくか気づかないかのタイミングで、平塚さんはなぜか自身のバストを下から揉みほぐしていたというねw1枚目は衣装の映り具合的に全裸ではないかと錯覚させるショットでしたが、当然保護色のドレスでございます。

f:id:masa10ishi96sham69:20171227003113j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227010716j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227010801j:plain

(「32」第2チャプターから)

 ベッドに腰掛けていた平塚さんは腰の向きを変え、「今度はこっちから見せてあげる…」と誘惑せんばかりに、カメラ目線しながら両手でバストを持ち上げます。やや覚めた視線が視聴者の興奮をさらにかき立てます。バストを持ち上げる手の動きは、接写をするとまるでピアノの鍵盤を操るかのように繊細な指の動作を見せていました。

 そこへワンポイントを入れるかのように、引きの絵面から髪をかき上げる仕草を平塚さんは入れます。無防備な両脇を自然な形で見せて、思いがけずセクシーな彼女を堪能できます。

f:id:masa10ishi96sham69:20171227010908j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227012159j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227012616j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227012705j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20171227012757j:plain

(「32」第2チャプターから)

 両脇を見せる変化球を放った後、平塚さんは直球のグラビアに邁進(まいしん)。先ほどまで指先で揺らしていたバストに指の第2関節を入れ、手のひら全体でバストを接写させながら押し上げるシンプルながら力強いグラビアを見せつけてみせる。

 そこから平塚さんは、グラビア定番中の定番たる四つん這いへと体勢を移行。ピンクのシースルードレスに脇から左手をしのばせ、深い谷間を揺らしてみせる。右肩にたっぷり垂らしたロングヘアーとのコントラストの生きたセクシーカットで、この後のさらなる大胆な演技を予感させるものがある。

 

 …と盛り上がってきたところで、レビューは今回はこの辺にしたいと思います。

 今年、2017年の平塚さんの活動はDVD1本、週刊プレイボーイ増刊号での階戸瑠李さんとのグラビア、同じく週プレ増刊号での水樹たまさん、川奈ゆうさんとの30歳代グラドル座談会、そして前年に引き続きローカル特撮「獣神ヤツルギ」のレギュラー出演および関連イベントの出演といった感じでまとめることができるでしょうか。平塚さんのグラドルとしての実力を思えば、まだまだ不十分と言えましょう。

 そして来年2018年、平塚さんは3月で33歳となります。いかに抜群のプロポーションとグラビアテクニックを誇る彼女と言えど、己の肉体の衰えを意識しないわけにはいかないでしょう。

 もっとも私は、平塚さんは今年ひさびさのDVD「49」をリリースした中島史恵さんのようにたとえ50歳間近になってもプロポーションを維持し、素晴らしいグラビアを見せてくれるものと思っています。しかし長くグラビア活動をするためには、何としても2018年という年が勝負になってくるでしょう。

 幸いと言うか何と言うか、来年は早々にケーブルテレビでとにかく明るい安村司会の番組に平塚さんは出演します。先ほど書いたように1月26日には10枚目のDVDがリリースされます。

 平塚さんにはぜひともロケットスタートを実行してもらって、現在、森下悠里が結婚し、杉原杏璃今野杏南がグラビアDVDリリースを卒業したグラビア界で自分こそがトップだとアピールしてほしいと切に願っています。