FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

新事務所新レギュラーそして「50歳までグラビア」?&「reunion」レビューその2!

 ごぶさたしております。

 いつの間にやら汗ばむほどの春の陽気ですが、平塚奈菜さんにもこの3月、大きなニュースがありました。何と言っても、この3月1日付をもって、4年間在籍していた芸能事務所アーティストボックスを離れ、新たな芸能事務所「ウォーク」に移籍したと発表したことです。

 (平塚奈菜さん3月1日のtwitterから)

 新しい事務所には伊藤しほ乃(第5回IVセンバツ優勝)、伊藤菜ノ香(第5回IVセンバツ準優勝)といった、私の別に運営するブログ「NEKOSOGI SHAMROCK」でおなじみのメンツであるタレントのほか、筋肉アイドル才木玲佳などにぎやかな顔ぶれが既にそろっています(敬称略)。平塚さんが所属事務所を変わるのは今回で3回目ですが(ホリプロ→K-POINT→アーティストボックス→ウォーク)、期待の表れなのでしょうか。既に新潟ローカルながらレギュラー番組出演が決まって、収録もすんでいます。(NSTテレビ「ムズムズトゥナイト」)

 幸先のよいスタートでうれしい限りではありますが、やはり「平塚奈菜にグラビアの1位を取ってほしい」という思いで拙ブログを立ち上げた管理人としては、ぜひとも新作のグラビアDVDをリリースしていただいて、実力派グラドルの健在ぶりを見せつけてほしい次第であります。前事務所時代の仕事ではありますが、記念すべき10本目のIV「reunion」発売イベントで、平塚さんはこうも宣言しています。

sirabee.com

(ネットニュース「しらべぇ」から)

 見出しで分かる状態ではありますが、平塚さんは「50歳まではグラビアを続けられる」と、何とも頼もしい発言をしているわけです。昨年はシェイプUPガールズ中島史恵さんが御年49歳(当時)でグラビアDVD「49」をリリースしました。平塚さんのようにフィジカル、スキル、メンタルの三拍子そろったグラドルなら、必ずや「無事是名馬」を地で行く息の長い活躍を見せてくれると私は思っています。新しい事務所なりの活動方針はあるでしょうが、何とぞ平塚さんの魅力を最大限に生かす場であるグラビア活動を継続してほしいと願っています。

 

 さて、そこで今年1月にリリースしたIV「reunion」(スパイスビジュアル)のレビュー2回目をやらせてもらいます。作品冒頭、バーカウンターでキスゼスチャーを見せた平塚さんは、ビリヤード場に移動してセクシーショットを見せます。

f:id:masa10ishi96sham69:20180315002926j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20180315003112j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20180315004931j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20180315005036j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20180315005209j:plain

(いずれも「reunion」第3チャプターから)

 ビリヤード台に接しているのに、全くキューなどの用具を触る気配も見せずw、平塚さんはポージングを決めていきます。2枚目はビリヤード台に乗せた足の筋肉を見せつつ、ピンクのスカートに包まれた尻を強調したショットを披露。尻に手を当てたことによってスカートの生地の薄さが強調されて、見る側は緊張を強いられますね。

 3枚目では器械体操仕込みの軟体を生かしたポージング。上半身を折り畳むようにしてビリヤード台に這わせ、カメラ目線を難なく決めるところに老獪(ろうかい)なテクニックを感じさせます。

 4、5枚目はやおら上半身を起こし、ピンクのスカートをいつの間にかまくり上げて同系色のパンツを開脚しながら見せるショットを披露。窓越しの日光を浴びて反射した外側の太もも、開脚して張りを感じさせる内もも、そしてピンク下着の生々しい皺(しわ)など、健康的な美と退廃的な美を混在させたエロスを平塚さんは難なく表現してみせています。

 ビリヤード台が現れてから平塚さんが開脚尻強調接写ショットを見せるまで、所要時間わずか約30秒。その短時間に4枚ものキャプの撮れ高を提供してくるのだから、やはり平塚さんは最強グラビアアイドルの1人と言わざるを得ません。新事務所での活動が落ち着いたら、早急に最新IVリリースに着手してほしいと願っております。