FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

「32」(シャイニングスター中北直監督)レビューその3!

 ごぶさたしております。

 今回は平塚奈菜さんの最新DVD「32(サーティーツー)」レビューの続き。平塚さんが苦手を公言するダンスシーンを盛り込んだ第5チャプターを本格的に語ります。

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024222j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024403j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024459j:plain

(いずれも「32」第5チャプターから)

 まずは前回ちょっと意図的にビキニの見えるシーンをカットしてみた脱衣のショットから。ボディコンドレスをたくし上げて露出した光沢入りの紫ビキニパンツ、さらに服を首から脱ぐ際の豊満なバストが接写されます。右胸にはおなじみ2つの血豆が。脱衣途中で顔が隠れ、無防備になった胸と両脇がカメラにさらされているのが印象的な場面ですが、個人的にはクッという感じで首筋の立ったデコルテラインのショットにニヤニヤしてしまします。う~ん、変態やなw

 服を脱ぎ捨て、少し引きの絵で平塚さんの立ち姿ショット。思いのほかパンツの面積が小さく、腰のVラインがくっきり浮かび上がっているのにドキリとします。あとこのカットでの平塚さんの顔、微妙に天海祐希さんに似ていますねw

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024557j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024742j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024832j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930024911j:plain

(いずれも「32」第5チャプターから)

 平塚さんはここで壁際に移動し、左右に小さく腰を振るダンスを開始。頭部左側に手をやり髪をかき上げるしぐさというか振り付けは、今年大ブレイクのブルゾンちえみをどこかほうふつとさせますw撮影現場でも、もしかしたら中北監督に「ブルゾンぽくやって」と指示されていたのかもしれません。その辺を想像すると、なかなか楽しいショットであります。

 両脇を見せながらたっぷりした長髪を両手でかき上げる振り付けの後、平塚さんは胸と股間を活用したセクシーなポーズを披露。両手でつかむようにぐいっとバストを寄せ、その両手を下にやり内ももをなぞってみせます。

 胸を寄せるときはカメラ目線、股間近くに手をやるときは顔をそむけるという演出もメリハリが利いていい感じですね。また顔をそむけたときの髪の乱れ具合もセクシーさを効果的に足しています。

f:id:masa10ishi96sham69:20170930025030j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930025152j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930025328j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930025409j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170930025851j:plain

(いずれも「32」第5チャプターから)

 そして平塚さんは壁に手をやり、両足をぐっと広げての腰振りを披露。カメラはローアングルからせり上がるように彼女の腰つきを接写していきます。

 光沢のあるビキニの腰をくねらせたり、突き出したり。テレビの向こうの男性視聴者をさげすむような目で見下ろしたり、じらすように目をそらしたりする演技にも心を乱されます。

 パンツの紐をさりげなくつまむような仕草も、グラビア巧者の平塚さんらしい芸の細やかさを感じて個人的に気に入ったところですね。あと八の字をかたどったような、お尻からふとももにかけてのお肉のライン(ここらへんの部位を何て言えばいいんだろう)もやはり言及しないわけにはいきませんw

 ここまでは主にローアングルからの股間ショットが主体だったダンスシーンですが、平塚さんはゆっくりと後ろを向き、お尻を強調したダンスに移行します。

 そのレビューは、また次回ということでwいやー、やはり平塚さんのDVDはキャプの撮れ高が多いのでレビューがなかなか進まねえのよ。

 とにかく次回、ご期待ください。