FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

「30」Amazonランキング急浮上&新人時代の平塚さん画像&「32」レビューその2!

 ごぶさたしております。

 まずちょっとしたトピックから。平塚奈菜さんが2年前にリリースし、悲願たるAmazonランキング1位を初めて獲得した記念碑的DVD「30(サーティー)」(シャイニングスター中村倫章監督)が、このほど久方ぶりにAmazonランキング9位をマークとベスト10内に浮上していました。その情報は平塚さんご本人がツイッターで提供したものですw

 (2017年9月16日の平塚さんのツイートから)

 もともと「30」自体、発売から2カ月の間ずっとAmazonランキングのベスト10あたりをウロウロしていて、ようやく平塚さん初の1位をつかんだというシロモノな作品であります。なので、発売から2年たっても再評価されるという流れはそんなに私にとっては驚くべき話ではないと思っています。ロングヒッター平塚奈菜の、本領発揮と言ってもよいかもしれませんw

 そうした「30」再評価のトピックに触れ、何か平塚さんに思うところがあったのでしょうか。休日たる9月17日、彼女は突如として自身のPCのフォルダ内に眠っていたらしい23歳当時のグラビア画像をツイッターに上げ始めたのです。

 そのツイッター群がこれらになります。

 

 

 (いずれも9月17日の平塚さんツイートから)

 最後は最新DVD「32」(シャイニングスター中北直監督)の画像と23歳当時を比較するというちゃっかり宣伝もありましたがw、平塚さんを2010年から見続けた私のような人間にとっても趣深いツイート群ではありました。23歳当時の平塚さんが着用していたストライプ系のビキニ、小道具の平べったいペロペロ飴などは確かに当時のグラビアの流行を感じます。

 それを差し置いても目を引くのは、平塚さんのスタイルの良さですね。尻を強調したショットは、若手の頃も今も安定感がずば抜けています。なかなか紙媒体のグラビアでは出番に恵まれていない平塚さんではありますが、今回のお宝画像解禁で紙媒体グラビアでも彼女に活躍の機会が与えられることを願っています。

 

 さて、ひさびさにやりましょう。何かって、平塚さんの6月30日発売の最新DVD「32」のレビューですよw

 前回はチャプター1のベッドシーンをレビューしましたが、今回は少し変則的にチャプター5のレビューをしたいと思います。このチャプターは、平塚さんがかねてより「苦手だ」と公言していたダンスシーンが収録されています。

 場所はベッドルーム。平塚さんは親密になった男性に「今度、2人でどこか行かない?」と誘います。衣装は家で着るには少々違和感を覚えるノースリーブの青いボディコンドレスですが、引きの画面になったときにあらわになる平塚さんのすらりと伸びたおみ足にドキッとさせられます。

f:id:masa10ishi96sham69:20170918000133j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170918000222j:plain

(いずれも「32」第5チャプターから)

 平塚さんは間をおいてから、静かに「ねえ…こういうの、嫌い?」と男性に問いかけ、おもむろにドレスのすそをたくし上げます。指使いから色気がにじみ出ていますね。作中では布面積の小さい水着のパンツ部分が接写されるのですが、そこは購入してご確認くださいw続けざまに平塚さんはドレスをさらに上までずり上げていくのですが、その際に接写される着衣に隠されたバストの豊かさにも目を奪われます。

f:id:masa10ishi96sham69:20170918000307j:plain

f:id:masa10ishi96sham69:20170918000417j:plain

(いずれも「32」第5チャプターから)

 そして平塚さんは両脇をさらしながらゆっくりと服を首から脱ぎ捨て、カメラ目線でその服を放り投げます。その際、一瞬ですが衣服が平塚さんの体をうまい具合に覆い隠していたのでついキャプしてしまいましたw何かあれですね、インスタグラムで流行している「スイカビキニ」の変形版を感じさせます。あ、でもパンツの紐部分が見えていたw

f:id:masa10ishi96sham69:20170918000855j:plain

(「32」第5チャプターから)

 さて、今回のレビューはこのくらいにしたいと思います。

 え、なになに? 「平塚さんの服の下の水着がキャプされていねーじゃねえかゴルァ!!」ですって?wまあ当初はビキニが映ったキャプも上げようと思いましたが、たまにはこういう趣向、グラドルのDVDをレビューしているのに水着姿を見せない回もあってよいかなと思いましたものでw

 この後も平塚さんは、苦手と言いつつダンスで見どころたっぷりのグラビアを見せてくれます。水着をさらしたキャプを上げたレビューは次回きっちりやるということで、ご期待くだされば幸いです。