FTPソフト

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

平塚さん芸能界初タイトルへ!w第6回IVセンバツ決勝進出

 ごぶさたしております。

 あっ、物を投げるのはおやめください! すいません、「平塚奈菜1位の会」にかかわらず彼女の新作「32」(シャイニングスター、中北直監督)のレビューをできずにいてすいません!

 「32」のレビューができていないのは貧乏暇なしの忙しさという物理的な理由もありますが、平塚さんの預かり知らぬところで彼女をとある超有名なグラドルナンバー1を決めるイベントに出場させていた関係で、新作レビューが滞っていたこともあります。

 そのイベントとは、第6回IVセンバツ。16人の現役グラビアアイドルが出場し、彼女たちがリリースしてきたグラビアDVDを野球の試合形式でたたかわせる。負けたら終わりのトーナメントで、この春最強のグラドルを決める大会です。もっともこちらの大会も、諸般の事情あって「センバツ」なのに8月まで決勝戦の日程がずれ込んでしまいましたが…。

 ともかく、ご本人の預かり知らないところで平塚さんは第6回IVセンバツに出場し、決勝に駒を進めたのです。その激闘の足跡は以下の通りです。

◆1回戦

階戸瑠李(石川)「おかえりシナモン」(ギルド)5-11平塚奈菜(東京)「蕩蜜」(ラインコミュニケーションズ)

階 110100101=5

平 00201413×=11

※参考までに「蕩蜜」の過去レビューはこちら。

http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/09/20/030807
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/11/12/030359
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2017/03/26/020747

 

◆準々決勝

平塚奈菜(東京)「30」(シャイニングスター)12-4廣瀬聡子(福岡)「平野聡子ラストグラビア」(エアーコントロール)●

平 021102501=12

廣 001201000=4

※参考までに「30」のレビューはこちら。

http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/09/28/032602
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/09/29/033924
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/10/02/030825
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/10/08/022533
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/10/09/024215
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/10/23/031404
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/11/01/034753
http://nekosogishamrock.hatenablog.com/entry/2015/11/03/041526

 

◆準決勝

平塚奈菜(東京)「30+α」(シャイニングスター)17-5萌奈美(福岡)「Tentation」(グラッソ)●

平 131410151=17

萌 021100010=5

※参考までに「30+α」のレビューはこちら。

http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/02/08/033055
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/02/13/022421
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/02/20/012839
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/05/19/033638
http://hiratsuka71.hatenablog.com/entry/2016/08/19/051927

 

 準決勝での17得点は、現時点で今大会最多得点。平塚さんは決勝まで3試合連続2ケタ得点を挙げるという猛打を振るってきました。さらに特筆すべきは、相手方の得点(自身の失点)をすべて5失点以内に抑え、全試合ダブルスコアの大差で勝ち上がってきた点でしょう。大会の大本命にふさわしい横綱相撲で、平塚さんは決勝まで勝ち進んだわけです。

 

 決勝戦の相手は、長崎県代表で「グラビア界の猫娘」として名高い青山ひかる選手(24歳、エンターマックスプロモーション所属)です。平塚さんと青山さん、この2人は昨年5月、配信コンテンツ「showroom」にて共演した経験があります。そんな彼女たちがIVセンバツという大舞台での決勝で矛先を交えることには、何やら奇妙な縁を感じずにはいられません…って彼女たちは全く無関係でやっている大会なのですがw

 

 さて、平塚さんが決勝の大舞台でかけるグラビアDVDは「美艶」(エスデジタル)。奇しくも、相対する青山さんも「『アイ』から始まる…」と同じエスデジタル作品で勝負をかけます。

 どちらが勝ってもIV甲子園初優勝。そして平塚さんが勝てば、春夏通じて満年齢32歳での最年長優勝を得ることとなります。

 遅咲きの天才グラビアアイドル・平塚奈菜がグラビア界の名誉ある(?)タイトルを獲得できるのか、天下分け目の大一番がただ今行われております。興味ある方は、twitterで「#第6回IVセンバツ」のタグをチェックしてください。

 歴史の証人になるのは、あなたたちです!!

 

 …って、どっかの公共放送のお笑いコンテスト番組で聞いたことあるフレーズだなw