FTPソフト
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平塚奈菜1位の会

遅咲きの天才グラビアアイドル平塚奈菜にトップを取らせるためのブログ

新作情報少しまとめ&今後の支援活動について

 世間はクリスマスの真っ最中、間もなく2015年も終わるということで皆さん慌ただしくされていると思いますが、お元気でしょうか。

 平塚さんの新作DVDに関する情報が、ぼつぼつ発表されるようになりました。

 まず前作に続いて制作担当レーベルとなったシャイニングスターのプロデューサーのtwitter。演出を担当するのはギルドの加納典譲監督であることが明らかにされています。

 (シャイニングスターPのtwitter12月18日分から)

 

 そしてモデルの平塚さん本人が、自身のtwitterで最新情報を提供。新作のタイトルは「30+α」(サーティープラスアルファ)であることを明かしました。

 (平塚奈菜twitter12月22日分から)

 

 あのAmazon1位を獲得した記念すべき作品「30」がシリーズ物となったかのように意識させるタイトル。意外に思えましたが、こういうネーミングは決して珍しくはありません。たとえば平塚さんと同時期にグラビアデビューし、ブレークを果たした吉木りさは出世作「セキララ彼女」(晋遊舎)の後続作品に「2」「3」とナンバリングしていきました。

 まあこういう続きもののネーミングは、基本的に同じメーカーから同じグラドルの作品を出す場合にできることです。今回の平塚さん新作も、同じシャイニングスターの制作です。

 だからまあ、続きもののタイトルを付けることは先も書いたように決して珍しくないのですが、吉木の「セキララ彼女」シリーズのヒットを思い出すと、「平塚さんも続きもののタイトルで新作出せるくらい、売れっ子になったってことだよなァ…」と妙にしみじみした次第です。1年前のグラビア復帰の報を聞いたときは、ここまで平塚さんが上り詰めるとは正直思っていませんでしたからね。

 テヘペロでござんす。byカズレーザー

 

 さて、センチメンタルな感情に浸ってばかりもいられません。何しろこのブログは、平塚奈菜のDVDに1位を取らせるために運営しているわけですから、その本分を果たさなければなりません。

 よって、これから約1カ月後の発売日に備えて、私なりに平塚さんの宣伝をしたいと思います。

 それは過去作品のレビューです。

 平塚さんはグラビア復帰する以前、3本のIVをリリースしました。デビュー作の「No.7」(竹書房)、「ななの七変化」(イーネットフロンティア)、そして「RAINBOW」(トリコロール)です。この3本を改めてレビューしたいと思います。

 このレビューによって過去作品にいくらか注目が集まり、「昔の彼女の作品も見てみるか」となって過去作品がAmazonランキング上昇する…そういうことになれば、新作のヒットにつなげることができる。そう思いまして。

 もちろん私のつたないレビューなんぞでそこまで事態がうまく発展わけもないとは思いますが、久松郁実はじめそうそうたるメンツを相手にAmazonランキング戦線を勝ち抜かなければならないのですから、何もしないわけにはいきません。やれるだけのことをレビューのみならず、いろいろやっていくつもりです。

 あわせて平塚さんを応援する皆さんにも、ぜひおのおののやり方で平塚さんを押し上げる活動に取り組むことをお願いしたい。平塚さんへの支持の声を広げに広げ抜いて、ぜひとも彼女を名実ともにグラビア界のトップに押し上げようではありませんか。

 一緒に頑張りましょう。